SG

【ボートレースクラシック2019】戸田競艇場の結果・出場選手・リプレイ

毎年3月に開催されるSG(スペシャルグレード)の競艇レース「ボートレースクラシック」。

54回目となる2019年は、3月16日(土)~21日(木)に埼玉県戸田市にある戸田ボートレース場で7年振りに開催されました。

今回は、2019年の戸田競艇場の結果・出場選手・リプレイをまとめてみました。

ボートレースクラシックとは?

ボートレースクラシックとは、競艇の中で最もランクの高い「SG」レース

正式名称を「鳳凰賞競走(ほうおうしょうきょうそう)」と言われ、その年のSG初戦である毎年3月に開催されています。

ちなみに競艇では、レースごとに「グレード」と呼ばれる格付けが決まっており、高い方から順番にSG、G1、G2、G3、一般戦となっています。

1966年に第1回鳳凰賞競走が開催され、総理大臣杯の下付が行われていました。

その後、1988年の第23回から「総理大臣杯」に改称され、2014年の第49回からGRANDE5の初戦になったことにより「ボートレースクラシック」と通称名称になりました。

優勝賞金は、3500万円!!ボートレースオールスター・メモリアル・ダービーと並ぶ、上から2番目に賞金の高いレースで、予選4日間の全6日間で勝敗が決まります。

SGは、選手の実力が同じくらいなので、枠番有利のレース展開になることが多いとされます。荒れたときには万舟券が飛び出すこともあるほど。

そのため、競艇ファンにとっては注目のレースだったと言えますね!

 

ボートレースクラシックの出場資格とは?

SGは、競艇選手のなかでもトップクラスの選手しか出走できません。

  • 前年度優勝者
  • 前年のグランプリ優勝戦出場選手6名
  • 前年1月1日〜12月31日のSG、G1、G2レースの優勝者
  • 前年1月1日〜12月31日のG3以下のレースにおける優勝戦回数上位者

ちなみに、2020年のボートレースクラシックより出場資格がひとつ増えることになっています。2019年から競艇のG2競争に加わる「全国ボートレース甲子園競走」の優勝者も出場できるようになるのです。

「全国ボートレース甲子園競走」とは、出身地で大会出場者が決まる大会。B2級以外の競艇選手に対して出場資格が与えられます。過去1年間の競走で、都道府県毎に勝率上位5名の内から1名を日本モーターボート競走会による選出で選ばれます。

 

52名の出場選手一覧

「ボートレースクラシック2019」には、52選手が出場しました。登録番号順に紹介します。

登録番号 氏名 出身 級別
3232 山川 美由紀 香川県 A1級
3257 田頭 実 福岡県 A1級
3502 渡邉 英 静岡県 A1級
3557 太田 和美 奈良県 A1級
3573 前本 泰和 広島県 A1級
3590 濱野谷 憲吾 東京都 A1級
3613 角谷 健吾 東京都 A1級
3622 山崎 智也 群馬県 A1級
3623 深川 真二 佐賀県 A1級
3716 石渡 鉄兵 千葉県 A2級
3721 守田 俊介 京都府 A1級
3744 徳増 秀樹 静岡県 A1級
3779 原田 幸哉 愛知県 A1級
3822 平尾 崇典 岡山県 A1級
3845 中谷 朋子 兵庫県 A1級
3854 吉川 元浩 兵庫県 A1級
3897 白井 英治 山口県 A1級
3898 平田 忠則 福岡県 A1級
3946 赤岩 善生 愛知県 A1級
3960 菊地 孝平 岩手県 A1級
4013 中島 孝平 福井県 A1級
4019 笠原 亮 静岡県 A1級
4024 井口 佳典 三重県 A1級
4028 田村 隆信 徳島県 A1級
4042 丸岡 正典 大阪府 A1級
4188 久田 敏之 群馬県 A1級
4190 長嶋 万記 静岡県 A1級
4205 山口 剛 広島県 A1級
4216 星 栄爾 福島県 A2級
4237 大峯 豊 山口県 A1級
4238 毒島 誠 群馬県 A1級
4260 中越 博紀 愛媛県 A2級
4262 馬場 貴也 京都府 A1級
4266 長田 頼宗 神奈川県 A1級
4296 岡崎 恭裕 福岡県 A1級
4320 峰 竜太 佐賀県 A1級
4324 海野 康志郎 山口県 A1級
4364 池永 太 宮崎県 A1級
4371 西山 貴浩 福岡県 A1級
4384 鶴本 崇文 大阪府 A1級
4399 松本 晶恵 群馬県 A1級
4418 茅原 悠紀 岡山県 A1級
4444 桐生 順平 福島県 A1級
4497 桑原 悠 長崎県 A1級
4500 山田 康二 佐賀県 A1級
4502 遠藤 エミ 滋賀県 A1級
4524 深谷 知博 静岡県 A1級
4544 松田 大志郎 福岡県 A1級
4547 中田 竜太 福島県 A1級
4586 磯部 誠 愛知県 A1級
4682 大上 卓人 広島県 A1級
4851 関 浩哉 群馬県 A1級

※2019年1月〜6月の情報です。

ボートレースクラシック2019の競走スケジュールは?

ボートレースクラシック2019の競走スケジュールは、3月16日〜3月21日の6日間。

選出順位の上位5名と推薦枠の1名で争われるドリーム戦は、初日の12Rに行われました。

ちなみに、選出の基準は昨年度のグレードレースの勝利回数に基づいて決められますよ。

今回のドリーム戦に選ばれたのは、

  • 守田俊介
  • 井口佳典
  • 毒島誠
  • 峰竜太
  • 平尾崇典
  • 白井英治

以上の6名。豪華な選手陣なので、大会も非常に盛り上がりを見せていましたよ!

 

ボートレースクラシック2019の結果

2019年のボートレースクラシック(ボートレース戸田)は、1号艇の吉川元浩がイン逃げで優勝!

吉川選手は、およそ11年振りとなるSG優勝を果たし、SGボートレースクラシックの歴代優勝選手にも登録されました。

吉川選手はもちろん、2019年獲得賞金ランキングも1位になっていますよ!


 

リプレイ:最終日は天候も予想も大荒れ!

最終日の3月21日は、ホーム右からの横風が強まり安定板が使用されるほどの荒れた天候。

また、大会3日目には3連単154,930円と超高配当が発生し、予想は困難を極めました。

さらに3連単の平均配当も1万円を突破! 途中から予想を穴予想に切り替えた人も多かったことでしょう。

ボートレース戸田は、日本一のまくり水面でインが弱いことが特徴。水面の横幅が全国平均より30m以上も狭く、1マークをホーム側に大きく振っているため予想が立てにくいんですね。

それでは、大会最終日を振り返りましょう!!

最終日は、最初から大会が大きな盛り上がりを見せました。なんと、1号艇の吉川 元浩が、コンマ12のトップスタートで飛び出し先手を取ったのです。

そのような状況下でも3号艇の馬場貴也選手は猛烈な「まくり」を仕掛けてきますが、直線は僅かに吉川選手が優勢でした。

吉川選手は2つ目のターンマークも先に回り、セーフティーリードを確保。結果、吉川選手が安定感のある走りを見せてゴールイン!!第54回ボートレースクラシックを制し、およそ11年振りとなるSG優勝を果たしました。

進入隊形は、123/465と6号艇の徳増 秀樹選手がコースを1つ繰り上げるものの、結果は6着となってしまいました。

また、SGでは初の優勝戦出場となった5号艇の桑原 悠選手は3着と大健闘。ボートレースクラシックでは大いに舟券に貢献しています。

 

まとめ:今年のボートレースクラシックも予想困難のレースだった!

今年も熱戦が繰り広げられた「ボートレースクラシック2019」。皆さんの予想はいかがだったでしょうか?

今年もレースは大荒れが目立ち、数多くの万舟券が発生しました。その中で、およそ11年振りのSG優勝を果たした吉川元治選手。2019年獲得賞金ランキング1位とともにおめでとうございます!

次回の開催は、4年振り16回目のボートレース平和島で、3月17日〜22日まで開かれます。今から待ち遠しいですね!!

 

【参考記事】

ボートレースクラシック

-SG

Copyright© 【競艇のSG】レースごとの日程・開催地・出場資格は? , 2020 All Rights Reserved.